オリゴ糖って何?

糖とは正式には糖質といい、生体のエネルギー源になる栄養素です。
糖質には、いろいろな種類があります。
最も単純な形が単糖類という形で、人間の脳は単糖類しか受け入れることができないので、単糖類が体内からなくなれば意識障害や思考の混乱などがおきます。
普通、糖質は唾液や胃液などで最終的に単糖類に分解されて、血液に溶け込みエネルギーとなります。
普通の白砂糖は1グラム当たり、4㎉のエネルギーになります。
体内でエネルギーになる栄養素は糖質以外にも脂質があります。
脂質は肝臓に蓄えられています。
体内でエネルギーが必要な時には、まず糖質がすばやくエネルギーに変換され、余った糖質は一部がグリコーゲンという形で肝臓に備蓄され、それ以外は体脂肪として蓄えられます。
脂肪分を節制しても糖質をたくさんとれば体脂肪は増える一方です。

しかも、エネルギー変換は糖質優先なので糖質を多く摂取している限り脂質は使用されずにたまっていくのです。
最近になって糖質制限ダイエットが流行するのはこの仕組みが一般的な知識として普及してきたからです。
とは、いうものの糖質は人間にとって非常に大切な栄養素ですし、甘い味はとても魅力的です。
特に、日本のお惣菜には甘辛味、甘味噌、甘酢など辛味と甘味を合わせることが非常に多いので全く甘みなしというと食生活が非常に味気ないものになってしまいます。
そこで、少しでもカロリーの低い砂糖が注目されることになりました。

オリゴ糖は糖質の一種で少糖類と呼ばれることもあります。
オリゴ糖は1グラム当たり、3.5㎉程度なので普通の砂糖よりは低カロリーなのです。
オリゴ糖は糖質の中では少糖類といわれるもので、甘みは普通の砂糖の60~70%ぐらいでさっぱりした後味が残る糖質ですが、このオリゴ糖はダイエットにどのように役立つのでしょうか?



■特別紹介サイト
オリゴ糖は便秘にも良いと言われています。こちらはオリゴ糖の便秘効果について紹介しているサイトです ⇒ 便秘
Copyright © 2014 オリゴ糖はダイエットに良い? All Rights Reserved.